#109

e0071923_1136325.jpg

愛犬の とむ と かろです。妹兄
今年で7年目、人間年齢に換算すると44歳らしいです。
実家の庭らしき場所で撮りました(笑)雑種のパパとヨーキーのママ、うまい具合に性格も毛並みも引き継いで育ってきてる次女(手前)と長男(奥)です。
[PR]
# by hironori_okano | 2007-06-10 11:36 | Comments(3)

#108

e0071923_17216.jpg

以前の自分の部屋には古びたCDラジオが置いてあって、実家にいるときのBGM担当はいつもそのCDラジオなんですが、音がもこもこしてて・・・と、そんな事はどうでもいいんですが。
今日は、掃除の最中に久々に"Sing Like Talking" 「togetherness」をかけてました。結果、いい曲並んで仕事率低下(笑)
ブログ更新中も「togetherness」。
[PR]
# by hironori_okano | 2007-06-09 01:07 | Comments(5)

#107

e0071923_0172241.jpg

夕暮れ夕陽。
広い空、海、強めの風、湿気、街並み、畑…などなど。何はなくとも、この感覚を「落ち着く」と言うのでしょう。この町で育ったというのは紛れもない事実なんだなぁ、と感じます。
只今、地元に戻っております。明日、というか今日高校の友人たちと久しぶりに朝サッカーをやらまいか、的なノリで帰郷してまいりました。が(汗)先程から外は雨降りでございます。気合を入れすぎるといつも決まってどこか空回りしてしまう自分です(苦笑)
水田に稲の苗が入って・・・田植えの季節も終盤ですね。ジョギング中に感じた懐かしい季節感、でした。
ちょっと走るのにも、ちょっと泳ぐのにも、ちょっと日用品買いに行くのにも、気楽(笑)べんつに乗って(自分だけが心の中で呼んでいる軽トラの名)、マ窓開けて鼻歌混じり…なんてもんじゃなくて、大声マジ歌い、で移動中もお気楽(笑)
時々、すれ違った人が「んッ!?」って振り返ってるのをバックミラーで確認して赤面したり、ギア入れ間違えたりするけど、それも乙なり。
[PR]
# by hironori_okano | 2007-06-09 00:59 | Comments(2)

#106

e0071923_1472468.jpg昨日、佐藤竹善さんのライヴ
TANDOKU TOUR 2007
“Welcome to my room Vol.2”
大阪フェスティバルホール
公演に出させて頂きました。
e0071923_1472435.jpg







開場前後…息詰まる気持ちだったので外気に触れに外へ出た時に撮った会場外観。

横にも上にも幅のある、温かい感じがしたホールでした。自分がそのステージに立ち、歌わせてもらえたことは、とても大きな経験であり宝になることと思います。
今回のツアー、自分は4回出させて頂いたのですが、昨日の大阪公演はいつもに増して熱いライヴだったと思います。勿論、全会場全力投球な竹善さんではありますが、昨日は一段と燃えていたように感じられました。自分が小学生の頃に受けた衝撃いまだに感じる圧倒感…凄いなと思いながら会場お客さんと一体になってました。
と、一ファンと化した文章になってますね…。
福岡・中野・名古屋・大阪会場にて・・・岡野を温かく迎え入れ、歌を聞いて下さった方々、本当にありがとうございました。
そしてそして、このページを覗きに来て、メッセージをくださる方々、本当に感謝しております。
ありがとうございます。
そしてそしてそして、貴重な経験の場を与えて下さった竹善さん、ありがとうございました!!
[PR]
# by hironori_okano | 2007-06-06 01:47 | Comments(5)

#105

e0071923_16515197.jpg
                  またまた、佐藤竹善さんのライヴ
                   TANDOKU TOUR 2007
                “Welcome to my room Vol.2”
               Zepp NAGOYA公演に出させて頂きました。

会場入りする時の気持ち、3度目ということで、少しだけ慣れてきたかな?と感じていましたが…開場してお客さんでいっぱいの会場雰囲気を見ると、一気に緊張が…(汗)。毎回、本番ステージ上やリハーサルで、竹善さんが緊張を解して下さるおかげでここまでやれて来れています。本当、竹善さんの一言に救われている自分です。逆に言えば竹善さんの一言はとても的確であると言う事ですね。凄いお方です。

この日は、伍々 慧さんというギタリストの方も出演されて、竹善さんと素晴らしい音楽を奏でられてました。緊張されていたと話してくれましたが、緊張を微塵も感じさせない演奏と表情でしたね。まだ10代という、凄腕ギターマンです。

写真、また載せますので少々お待ちください。
[PR]
# by hironori_okano | 2007-06-03 17:03 | Comments(2)

#104

e0071923_414126.jpg

今日のあがり時の写真。ちょっと、新手のバンドっぽい絵ですね…(笑)
中央一番奥、エンジニアの中原さんです。本当、いい音で録って下さいます!!おかげさまで自分のテンションは上がりっぱなしです。
中央、蔦谷好位置さんです。かっこいいのは音楽だけじゃありませんねっ。
右、アシスタントエンジニアの熊手さんです。本日嫌な顔一つせず、たくさんいい仕事して下さいました。
左、自分。
と、いい流れでレコーディングできました。まだ、終わってませんがこのいい流れに乗って、明日は名古屋に行くぞ!!という感じでございます。
[PR]
# by hironori_okano | 2007-05-30 04:14 | 1st " レモネード " | Comments(4)

#103

e0071923_464644.jpg自分がいつもお世話になっているスタッフの方々。→
1曲録るのにも、こういった多くの方々が関わってくださって
事が進んでいくのです。いつもありがとうございます。
e0071923_411630.jpg
        ↑そして、蔦谷好位置プロデューサー!!
本っ当~に素晴らしい方です。「只今熱血お仕事中」の絵(笑)
[PR]
# by hironori_okano | 2007-05-30 03:50 | 1st " レモネード " | Comments(1)

#102

e0071923_8364959.jpg
今日のスタジオ。
弦一徹ストリングス、のメンバーの方々と共に写真撮っていただきました。滅多にない機会だということに乗じて、わたくし突拍子もない行動をとってしまいました・・・落合さんの楽器を触らせてもらっちゃいました。その直後に、元G-クレフの方だったことを知って…。これまた、小学校の頃によく聴いていた音楽を奏でてる方と対面することができたことを知って…。音楽に感謝。
勿論最高なストリングスを楽曲に注入して頂きました。スタジオで音が足されていく…とてもドラマチックです、刺激的です。たまりません(笑)
[PR]
# by hironori_okano | 2007-05-30 03:33 | 1st " レモネード " | Comments(1)

#101

e0071923_21243810.jpg

ビルが丸ごと反射して逆光です。太陽に照らされてできる影はこの時間、北東方向にできるのに、道行く人の影はその逆にできるほど眩しく反射してました。木陰なのに何故にこんなに眩しいの、と言うくらい不思議な感じでした。
場所は日比谷公園。
昨日、音楽堂で行われた、エレファントカシマシの野音ライヴ、凄かった!
歌力というのか言葉力なのか…お客さんも大盛り上がりだった。月を見ながらのライヴはまた格別によかった。野音初体験の自分には、都会ど真ん中、オフィスビルが立ち並ぶ中で爆音野外ライヴっていうのが凄く新鮮だった。(勝手に)敬愛する蔦谷さんの存在感も新鮮だった…、キーボードプレーヤーとしての絵も音も存在感があって…。この方の鍵盤の音は自分の心を動かす。ちょっと昔に感じてた…音楽を聴く時の感覚を思い出す。言葉ののっからない音楽を。
起承転結、抑圧・開放のなかで得る感覚を色々感じられたライヴ、また刺激を注入されました。
[PR]
# by hironori_okano | 2007-05-27 21:28 | Comments(1)

#100

e0071923_5173743.jpg

もうお一方…Bassの大神田智彦さんです!!
お忙しい中、参加してくださいました。大神田さんのベース、演奏自体超ド級にかっこいいのですが、弾かれてる姿も超かっこいいです。今日こそは、と数枚激写してしまいました(笑)
本当お忙しい方で、レコーディング終わってそのまま九州に飛んでいかれました。生意気な自分の注文も聞き入れてくださる、心の広い優しい方です。
蔦谷さん・大神田さんとは出合ってまだ1年も経ってないのですが、尊敬する先輩方とこうして音楽をやらせてもらえることができる喜びを感じ、創造性に満ちた時間を共有させて貰えて自分にとってまた一つ大切な経験を得ることができたと思います。
[PR]
# by hironori_okano | 2007-05-25 05:17 | 1st " レモネード " | Comments(4)